ノラブログ ~ネットビジネスで生活できるか実験中~

※当サイトはPCユーザー向けです。スマートフォンや携帯電話では見づらい場合があるかもしれません。工事中の箇所も多数ございますが、細かい事は気にしないで下さい※

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

最近読んで面白かった漫画

私は漫画が大好きである。


かつては、漫画家を志していたほどだ。

(小学生の頃の話。絵を描いてお金がもらえるなら楽で良い、という発想から)


しかし「描くのが面倒」という、どうしようもない理由で挫折。


それでも漫画自体に対する愛情は変わらず、

今も漫画は大好きなのである。


そんな私が最近読んで面白かった漫画を、

タイトルだけ羅列して、例のごとくアフィリエイトバナー広告を掲載しようと

思い、今このエントリーを書き始めたのだが、

広告の方はまた別の機会にしようと思う。

∵(なぜならば)、面倒だからである。


面倒なことを面倒と思わず、

楽しむことができる人が少なからず成功という経験を重ねるのだと思う。

持病とも言える「面倒くさがり」や「飽きっぽい性格」のために、

数えきれない失敗を重ねてきた私が語ると、

もはや含蓄があるというか、

それが分かってるなら何事も面倒くさがらずにやっちゃえよ、と感じる。


この冬、というか本当に最近の話なのだが、

「面倒くさがり」や「失敗」を重ね続けるとどういう目に合うのか、

身をもって体験したので、そろそろ、いい加減、本当に、

少しずつでも、成功とやらを重ねていきたいと思うようになった。

自分で崩せるくらいには、成功を積み重ねたい、アカギほどじゃないにしても。


アカギ


さて、アカギではなくカイジでもなく、

黒沢の新作を読んだ。


前作のラスト、ホームレス軍団と共に不良たちと「戦」を行い、

結果、死んでしまったようにラストを迎えた黒沢だったが、

どうやら生きていたらしく、自分もホームレスになってしまっていた。

さすが福本先生、目の付け所と、アゴと鼻の描写がシャープである。


決して美談などにするわけでもなく、それほど悲惨でもなく、

だがしかし、リアルなホームレスの生活が描かれており、

前作に続いて、黒沢がどんな最強伝説を築くのかが楽しみな作品。


最強伝説黒沢
「黒沢」には、笑いも涙もシリアスもリアルもある



私が以前に勤めていた職場に、この黒沢を彷彿とさせる人がいる。

この人には色々とお世話になっており、私が尊敬する数少ない男の一人なのだが、

この人から教えてもらったことで見始め、ハマった作品がある。

それが「君に届け」だ。


きみとど
主人公はどいつだ


腹の出たオジサンだが少女漫画が好きで、

(その人は漫画ではなく海外サイトに違法アップロードされたアニメを見ている)

他に「神様はじめました」やら「十二国記」をオススメされたので、

とりあえず、自分はまだ見てないくせに「あの花」を薦めておいた。


それはそうと、「君に届け」はとても面白かった。

いや、どうやらまだ連載中なので、過去形にしてはならないだろう。※2013年12月現在

自分が過ごせなかった青春を羨む気持ちも出てくるのだが、

純粋に作品として面白いものを否定する気にはなれない。

えぇ、わりと泣けますね。



そして自分は相変わらず、女性が描く女性キャラに魅力を感じるようだ。

(ストシリーズの春麗もキャラデザしたあきまん先生より西村キヌ先生の方が好き)

やのちん
こういう画を描ける男性作家はいない。

「少年漫画」と同じように「少女漫画」があるわけで。

漫画好きを公言するくせに未開拓な作品が多すぎるジャンルなので、

機会ができれば探求したいものである。

(その他には「ガラスの仮面」と「彼氏彼女の事情」くらいしか読んでない)


また、この作品の舞台は北海道ということもあり、

なんとなく北海道にも行きたくなったりもした。

そして、次に紹介する作品の舞台も北海道なのである。

それは「チャンネルはそのまま!」だ。

なぜこの作品を読もうと思ったのか、理由は色々だが、

切っ掛けは「水曜どうでしょう」の「藤村D」のwikipediaページを読んだからである。

小倉
甘いものが大好きなヒゲ

どうでしょう好き、テレビ好き、あるいはテレビ嫌いな人にオススメ。

私は視聴者として好き勝手なことを言うこともあるが、

作り手側の景色を垣間見ることができて、少し考えが変わった。

(まぁ、フィクションではあるけども)

軽くネタバレ、というわけでもないが、最終回は少しホロっとさせられつつ、

ちゃんと笑わせてくれるので、佐々木先生の安定感には感心する。



そろそろ眠くなってきたのでこれで最後。

王欣太先生の「ReMember」が面白い。

ジーザス
元気な寒貧

蒼天航路でお馴染みのGONTA先生がこの作品で描く舞台は戦後の日本、なのだが実は…。


誤解を恐れずに書いてしまうと、少し難解な作品であると思える。

だからこそ私は面白いと思ったし、時間をたっぷり使って読んだ。

「マンガ1冊5分で読める」とか馬鹿みたいな自慢をしちゃう人にはオススメしない。


この作品に限った話ではないが、漫画は、1コマ1コマ、そのシーンを、

頭の中に思い描き、セリフ1つ1つを、自分が思うそのキャラクターの声で復唱し、

その意味を考えながら、擬音を想像し、キャラの動きを想像し、

自分のペースで鑑賞できる映画のように楽しむものだと思っている。

漫画を本気で読んだ場合、例え1冊でも1時間くらいは平気で経過するものだし、

そういう楽しみ方をさせてくれる漫画を自分は好む。


例えば、ドラゴンボールのこの1コマ

亀仙人vsピッコロ大魔王

亀仙人が「魔封波」をピッコロ大魔王に放つこのシーン。

この構図、この擬音、このポーズ、この表情、この状況…。

どれをとっても、一瞬で見逃していい1コマではないと私は感じる。

普段はスケベ爺である亀仙人が「放てば命を落とす」と言われている「魔封波」を

文字通り命がけでピッコロ大魔王に仕掛けるこの1コマ、

何分でも見続けられそうだ。

「チラ」っと見て終わりにするのは、もったいない。


「自分は漫画を読むのが速い」と自慢げに語ったことがある方は、

見逃しているシーン、見逃している1コマがないか、もう一度、

お気に入りの作品を読み返してみることをオススメする。



それはそうと、


メンバー

願わくば、


メンバー


関連記事
[ 2013/12/27 01:31 ] 最近の話 | TB(0) | CM(0)
フリーエリアのタイトル3
フリーエリアの内容3
フリーエリアのタイトル4
フリーエリアの内容4
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ここにタイトルを記述2
ここに好きなタグや文言を挿入2
[当サイトの広告掲載について]
■多くの広告を掲載しております

 当サイトは「ネットビジネスで生活できるか?」というテーマのもと運営しております。ここでいうネットビジネスとは主に広告掲載(バナーリンク)となっており、そのため非常に多くの広告が表示されております。コンテンツと区別がし辛いこともあるかもしれませんがご了承下さい。

■広告の見方

 掲載されている広告の見出しはすべて[スポンサードリンク]となっており、直下に広告提供元とバナーサイズ(横×縦、単位はピクセル)を表記しております。今後、より効果の高いものを紹介していく予定です。

■掲載されている広告の内容

 広告提供元サイトと提携している企業および商品、サービス等がランダムに表示されております。表示される広告は、当サイトの更新内容や閲覧されているユーザー様の検索履歴等によって異なる場合があるようです。当方にてアダルト関連の広告は表示されないよう設定しておりますが、万が一そういった広告や、有害だと思われる広告が掲載されておりましたらコメント等にご報告頂けると有難いです。

■広告収入について

 広告バナーが表示された回数、広告バナーがクリックされた回数に応じて収入が発生する仕組みを利用しています。詳細につきましては検証を重ねた後に記事にて報告致します。興味がある商品、サービス等が表示されていた際、ご覧頂ければ幸いです。
norabgm
[スポンサードリンク]
from google adsense(300x250)
[スポンサードリンク]
from pitta!(300x250)
リンク
■グループタイトルその1

ヤフー
グーグル

[スポンサードリンク]
from 忍者AdMax(300x250)
[スポンサードリンク]
from google adsense(300x600)


ここにタイトルを記述
ここに好きなタグや文言を挿入
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。