ノラブログ ~ネットビジネスで生活できるか実験中~

※当サイトはPCユーザー向けです。スマートフォンや携帯電話では見づらい場合があるかもしれません。工事中の箇所も多数ございますが、細かい事は気にしないで下さい※

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

最近、面白くないんだけども ~結果的に浦和の話~

どうも、ノライヌです。
タイトルに書いた通りの体たらくです。


※注※

最近、自分が退屈な理由を考えて書こうと思って
書き始めたものの、話が長くなってしまい、
終始、浦和レッズのことばかり書いてあります。
興味の無い方にはオススメしません。
念のため。
なぜノライヌは最近まったく面白くないのか。

浦和から優勝の可能性が消えてしまったから?

まぁ、一理あるかもしれませんが、
夏くらいから「このチームは優勝に値しない」と
散々言ってきたので、何を今さらという
気持ちもあり、どうなんでしょう。

それにしても、今年は、
「ここで勝てば」というシチュエイションで、
本当によくもまぁ負けてきましたね。

一応、最終節も「勝てば自力でACL圏内」なのですが、
今季のセオリーで言えば、まぁ負けるでしょう。

しかし、そこは浦和。
良い意味なのか悪い意味なのか判断できませんが、
期待を裏切ってくれるはずです。

山田のぶひさ選手の浦和在籍最後の試合となるので、
是非とも、勝ってもらいたいものですが、
どうなることでしょう。

期待を裏切るという意味で、最終節は、
森脇選手あたりが決めて、無失点で勝ちそうな予感もしますが、
セレッソの金髪の選手が調子良いようなので、
とりあえず、面白い試合になればいいと思います。

個人的には、来季はACLには出ないで、
イチからチームを作り直すくらいの気持ちで
やり直してもらいたいと思うんですが、
また、「今年こそは三冠を狙う!」とか
言い出しちゃうんでしょうかね。
結果的に無冠で終わった時のガッカリ感は、
あんまり味わいたくないものです。

無失点なら1点取れば勝てますが、
4点取られたら、5点取るサッカーをしないと、
勝てないという事実は、誰しもが知っているはず。
満員(のはず)の埼玉スタジアムに響くのは、
歓声か、溜め息か、大ブーイングか。

良い選手が揃っているし、
決して悪いチームだとは思っていないので、
最後の最後の頑張りに、期待させてもらいます。

が、今年は最終節を観に行けません。
優勝の可能性が消えた今、売切れたチケットの入手も
可能かもしれませんが、私はやめておきます。

試合後に「プレッシャーで実力を出せなかった」
なんて言われたら、応援になんて行けなくなります。
期待もすべきではないのかもしれないと思ってしまいます。

補強の報道も入ってきていますが、
なんだかあまりピンときません。
※カルフィン・ヨン・ア・ピンは関係ありません。

ちなみに前述のプレッシャー発言はミシャ監督に
よるものですが、監督の主導で補強した選手に対し
同じように「言い訳」と受け取られかねないコメントを
する可能性はゼロではありません。

どうせ同じようにプレッシャーで負けてしまうなら、
生え抜きの若手をもっと使ってもらいたいものです。
浦和のユース、ジュニアユース、ジュニアチームが、
ただのビジネスモデルとして存在しているなら話は別ですが。

まぁたしかに、ミシャの言う通り、浦和には常に
「目に見えないプレッシャー」があるのかもしれません。

それは、ACL制覇以降に、フロントやサポーター、そして
メディアが抱くようになった「浦和=ビッグクラブ」思考であり、
常にゴール裏から聞こえる「サポーターの声」ではないかと感じます。

前者は、とっとと捨て去ってもらいたいプレッシャーです。
2003年のナビスコ杯優勝によるタイトル初戴冠から、
リーグ優勝、天皇杯、ACLと立て続けにタイトルを獲得しましたが、
もう数年タイトルから遠ざかっています。

サポーターが多いからビッグクラブ、ではないでしょうし、
浦和は、まだまだこれからのクラブなんだと思っています。
経営面や、私が知らない大人の事情があるのかもしれませんが、
各タイトルを全力で目指すのは当然としても、
その理由が「浦和=ビッグクラブ」だから、というのは、
違うんじゃないでしょうか。

それと、もし本当に、後者をプレッシャーだと思っているなら、
簡単に解決するはずです。
クラブとサポーターが、話し合えば済むことです。
そういったことが問題となっているのか定かではありませんし、
あくまで予想なので憶測しか書けませんが、
サポーターの声をプレッシャーに感じているのでは?と
実際に思うふしがあるのも事実です。

チャレンジに行って失敗した時に、
スタジアム全体から溜め息が聞こえてきたとしたら、
その選手たちが次にチャレンジし辛くなるのは
無理もないことだと思います。
実際に、そういった溜め息、いわゆる「アーイング」を
スタジアムで聞くのは、当事者でない私ですら凹むものでした。
一時期に比べれば「アーイング」は少なくなったように感じますが、
それは単純に観に来るサポーターの数が減ったから、
という可能性も否定できません。
試合中に溜め息を吐きたくなってしまうシーンを観ることは
必ずあると言えますが、もしその溜め息が本当に
選手たちにとってプレッシャーになってしまうなら、
どうにか堪えて、プレーを見守りたいものです。
ただし、あまりにもしょうもないミスやプレーが多い場合は、
溜め息どころか大ブーイングをかますのも愛情だと思います。
そのバランスの判断、見極めは人によりけりなので、
非常に難しいところです。
例え失敗しても、
拍手を送りたくなるプレーばかりならいいのですが。

また、プレッシャーかどうかはともかく、大声援のため
選手間の掛け声や、審判の声が聞こえにくい状況は
たしかにあると思います。
90分間、歌い続けることもあるサポーターの声は、
選手たちにとって後押しとなる力であり、
相手を威圧する武器であると思っていますが、
そのために応援するチームが満足いくプレーをできないのだとしたら、
場合によっては控えるべきなのかもしれないと考えます。
かつて、クラブとサポーターの間において、
そういった話し合いが行われたことがあるのでしょうか。

正直、浦和サポの声はむしろ、数が減っている分、
小さくなってるはずですし、大きくなってると言っても
たかがしれてますし、「あの頃」に比べたら
歌わない時間帯も増えてるように感じるんですけどね。
いっそ、そろそろ、久しぶりに、
手拍子もチャントもしない、っていう試合があっても
いいんじゃないかと、少し前から思っています。
浦和のゴール裏には常に人がいて、常に大歓声が当たり前、
フロントにそう思われているなら、けっこう問題アリじゃないでしょうか。

しかしながら、本音を書いてしまうと、
どんな類のものであれ、プレッシャーを力に変えてしまうような、
そんな選手は浦和にはいないのか、と思っています。
数多くのタイトルを手にした「あの頃」にあって、
今の浦和に無いものは、そういった選手なのかもしれません。



などと長文を書きましたが、
こういう文章は浦和のフロントさんたちにでも読んでもらわないと
あんまり意味はないんですよね。

最近、個人的に面白くない理由を考えて書こうと思ったら
思いのほか長くなってしまったので、今回はこれでお終いです。

とりあえずスッキリはしたんで、次回はもうちょい
何らかの形で笑えるような話を書きたいと思います。
おしまい。
関連記事
[ 2013/12/02 01:23 ] 最近の話 | TB(0) | CM(0)
フリーエリアのタイトル3
フリーエリアの内容3
フリーエリアのタイトル4
フリーエリアの内容4
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ここにタイトルを記述2
ここに好きなタグや文言を挿入2
[当サイトの広告掲載について]
■多くの広告を掲載しております

 当サイトは「ネットビジネスで生活できるか?」というテーマのもと運営しております。ここでいうネットビジネスとは主に広告掲載(バナーリンク)となっており、そのため非常に多くの広告が表示されております。コンテンツと区別がし辛いこともあるかもしれませんがご了承下さい。

■広告の見方

 掲載されている広告の見出しはすべて[スポンサードリンク]となっており、直下に広告提供元とバナーサイズ(横×縦、単位はピクセル)を表記しております。今後、より効果の高いものを紹介していく予定です。

■掲載されている広告の内容

 広告提供元サイトと提携している企業および商品、サービス等がランダムに表示されております。表示される広告は、当サイトの更新内容や閲覧されているユーザー様の検索履歴等によって異なる場合があるようです。当方にてアダルト関連の広告は表示されないよう設定しておりますが、万が一そういった広告や、有害だと思われる広告が掲載されておりましたらコメント等にご報告頂けると有難いです。

■広告収入について

 広告バナーが表示された回数、広告バナーがクリックされた回数に応じて収入が発生する仕組みを利用しています。詳細につきましては検証を重ねた後に記事にて報告致します。興味がある商品、サービス等が表示されていた際、ご覧頂ければ幸いです。
norabgm
[スポンサードリンク]
from google adsense(300x250)
[スポンサードリンク]
from pitta!(300x250)
リンク
■グループタイトルその1

ヤフー
グーグル

[スポンサードリンク]
from 忍者AdMax(300x250)
[スポンサードリンク]
from google adsense(300x600)


ここにタイトルを記述
ここに好きなタグや文言を挿入
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。